こんな介護用品も通販で購入できる

介護保険制度が始まり、多機能で便利な介護用品が、いろいろレンタルできるようになりました。レンタルできると言っても、介護用品の世界から見ると、ほんの数種類にとどまっています。多くが購入品となっており、そのレパートリーは大変豊富です。介護が必要な方にとっては、専門的に開発された介護用品は、これまで困難だった日常生活を大いに助けてくれます。利用することで、人の手を借りずとも、自分でできる選択肢が多方面に広がり、本人の自信と介護している方の負担の軽減につながることでしょう。本人の自信がつけば、今後の生活が豊かなものになっていきます。介護用品の購入できるものとレンタルできるもののメリット、デメリットを交えながら説明させて頂きますので、参考になさってください。

介護用品の購入とレンタルのメリット・デメリット

はっきり言ってしまえば、介護保険でレンタルできるものすべて購入することができます。電動ベッドや昇降用リフトなど大型の介護用品も購入できます。高額な商品は介護保険でレンタルし利用者の金銭的な負担を軽減させるためです。しかしレンタル品は必ず新品なものが届くことはほぼありません。分解・清掃・滅菌という工程を得ていますが、キズや使用感はありますので、神経質な方にはむかないでしょう。しかしアフターサービスはレンタル会社が責任を持って対応してくれます。購入の場合はリサイクル品でなければ、必ず新品で、購入者が気持ちよく、愛着を持って使用することができます。しかし、汚れや故障した場合などは全て自己責任でクリーニングや修理の手配をしなければなりません。また、使用することがなくなっても自分で処分しなければなりません。

通販であれば、こんな物でも買える

現在、お住いの地域にも介護用品を扱っている専門店が、必ずあると思います。実際に足を運び、店頭で商品を見ながら購入を検討することも良いとは思いますが、なかなか時間の取れない方にとっては通販が大活躍します。インターネット環境があれば、値段の検討なども簡単に行えます。結構見落としがちな介護として、口腔ケアがあります。口の中をキレイにすることですが、通販では専用スポンジや洗口液が多種類あります。口腔環境が良くなれば、食事もおいしく取れます。いろいろな柔らかさのレトルト食品もあります。紙おむつはもちろん、おむつ交換が楽に行える体位交換ベルトやスライドボード等もあります。離れた室内でも会話ができるトランシーバーもナースコールもあります。専用的な工事は必要ありませんので楽ですね。必要あれば、カタログを取り寄せたりすると、ゆっくり納得できるものが検討できると思います。